一般歯科

当院の一般歯科への考え

悪いところだけを治療し、歯をできる限り残す治療を

当院ではむし歯の治療において、悪い部分だけを治療して、良い状態の部分をできる限り残すことをコンセプトにしています。
この考え方は、「M.I」(ミニマル・インターベンション)と呼ばれ、現在の歯科治療の主流となっています。2000年に国際歯科連盟が提唱したものです。

神経を残す、歯を残す治療

当院ではむし歯が進行してしまった場合でも、神経をできる限り残す治療を行います。
歯の中にある神経は歯のすみずみに栄養を与える働きがあるため、神経がなくなってしまうと、歯の寿命が短くなってしまうことがあります。
また神経を残すことがどうしても難しい場合は、歯を残す治療にシフトし、患者さん本来の歯を守れるように取り組みます。

治療の流れ

当院における治療は問診→検査→治療計画の立案→治療の実施→メンテナンスという流れになります。

1、問診

まずは患者さんの訴えをじっくりと聞きます。患者さんが話している間は口を挟まずに傾聴して、患者さんの気持ちを想像するとともに、気になる言葉があれば深堀してさまざまな情報を集めます。

矢印

2、検査

必要に応じてレントゲンによる検査を行います。歯周病が疑われる時は、歯周ポケットの深さを測る検査、歯の動揺度(ぐらつき具合)を調べる検査、場合によっては口内の細菌の状況を調べる細菌検査などを行います。インプラントなどの際にはCTを撮影し、より精密な検査を行います。

矢印

3、治療計画の立案

問診と検査の結果をもとに治療計画をつくります。患者さんの症状や希望などを踏まえて治療の最終目標を決めて、それぞれの目標に対するアプローチ方法をご提案します。

矢印

4、治療の実施

治療を行います。治療の方法はむし歯や歯周病などにより異なります。詳細は各治療分野のページをご参考ください。

矢印

5、メンテナンス

専門的な知識と技術を持った歯科衛生士が患者さんのお口のメンテナンスを行います。歯垢や歯石を除去したり、PMTCでバイオフィルムを取り除いたりして、長く健康な歯でいられるためのサポートをいたします。

特定非営利活動法人 日本歯周病学会

Dcotors File

2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました

日本歯周病学会 専門医・認定医のブログ

TEL 048-929-0034 メールでのお問い合わせはこちら