小児歯科

お子さんがいるお母さんへ

正しい歯のセルフケアができているとむし歯や歯周病になるリスクを大幅に下げることができますが、その正しいケアを習得するためには、子どものころにお母さんや歯科医院からアドバイスを受けることが最も重要です。正しい歯磨きの習慣が幼いころからできれば、大人になってもむし歯になりにくくなります。

当院の小児歯科への考え

「子どものときに歯医者が怖かったから」。そんな理由で大人になっても歯科医院を敬遠される患者さんがいらっしゃいます。特に30代以上の方は「痛くなければ行かない」イメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

子どものころから歯の健康に関心を持ってもらいたい。

当院は、子どものころからメンテナンスなどで歯科医院に慣れ親しむことで、自分の口や歯ブラシ、歯磨きに関心を持ってもらいたいと考えております。そうなることで、むし歯になる患者さんは今よりもぐっと減るのではないでしょうか。当院はそのような考えから、子どものうちから健康な歯を守っていく小児歯科の治療に注力しています。

怖がったり、泣いたりしてしまう場合は

小さな子どもにとって新しい場所に足を踏み入れるのはとても怖いこと。当院の患者さんの中でも、怖がったり、泣いてしまったりするお子さんはいらっしゃいます。
そんなときは、焦らずに、徐々に慣れていくことが大事。治療がゴールにはなりますが、まずは歯医者に行く、次に診療室に入る、と段階を踏んでできることをめざしましょう。

最終的には一人で治療を受けられるように

当院ではお母さんがいないと不安なお子さんのことを考えて、診療時にもそばでお母さんに座ってもらい、見守れるようにしています。
ただ、最終的には一人で治療を受けられることをめざします。
一人で受けることで治療に関心を持ちやすくなりますし、お子さんも「一人でできた」と自信がつきますよ。

女性スタッフが優しく対応

当院では歯科医師以外のスタッフはみんな女性。女性ならではの細やかな心配りや声掛けで、お子さんの不安を払拭できるように取り組んでいます。「スタッフに会いたいから」と通院を楽しみにしてくれるお子さんもいらっしゃいますよ。

特定非営利活動法人 日本歯周病学会

Dcotors File

2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました

TEL 048-929-0034 メールでのお問い合わせはこちら