歯周病治療

当院院長の専門は歯周病。難しい症例にもできる限り対応します。

当院院長は大学時代から歯周病の勉強と治療を一貫して行ってきました。日本歯周病学会の専門医と臨床歯周病学会の認定医を保有。外科的な処置が必要な場合など、難しい症例にもできる限り対応します。歯周病に悩む方、他院でうまく治療が進まない方、一度ご相談ください。

歯周病とは

歯周病とは、歯の周りの骨が溶けてしまう病気です。歯磨きが不十分なことで歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢(プラーク)がたまり、歯垢に住む細菌が周囲に炎症を引き起こします。病気が進むと、最悪、歯が抜けてしまうとても怖い病気です。

日本人の成人の8割が罹患。「世界一の感染症」とギネスブックにも。

歯周病は、「世界で最もかかる患者が多い感染症」とギネスブックに載っているほどで、日本でも成人の約8割が罹患していると言われています。

歯周病に気付くポイント

歯周病はむし歯とは違ってはっきりとした痛みがなく、気づきにくい病気です。気づいたときには病気が進行してしまい、歯が抜ける寸前だったというケースもあります。以下の症状があれば早めに当院にご相談ください。

・歯を磨くときに出血がある
・固いものを噛むと痛みを感じる
・口臭が気になるようになった
・歯がぐらつく感じがする

歯周病の治療

歯周病は段階的に進行していくため、軽度・中度、重度で治療方法が異なります。

軽度・中度時の治療

軽度・中度時にはスケーリングとルートプレーニングという治療を行います。
スケーリングは、スケーラーという専用器具を使って、歯についている歯垢や歯石を取り除く治療方法。
また歯周病が進行して歯周ポケットが深くなっているとき、スケーラーでは除去できない場合があります。そんなときには、スケーラーとは違った器具を使って歯の奥深くにある歯石や歯周病菌に感染した歯質を取り除きます。この治療をルートプレーニングと言います。
これらの治療で歯石を除去するとその部分の炎症が治まり、症状が重くなければ改善することが多いです。

重度時の治療

歯石を除去しても歯周ポケットが深いままの場合、「フラップ手術」という手術を行います。また、骨が溶けて薄くなっている場合は、特殊な材料で失った部分の骨を補う「GTR法」や「エムドゲイン法」という治療を行うこともあります。

GTR(Guided Tissue Regeneration)法

歯周病によって破壊された歯槽骨や歯根膜といった歯周組織を再生させる手術です。
歯周ポケットに入り込んだ歯石や細菌を取り除いた上で、ポケットの空洞部分をメンブレンという膜で覆います。この膜があることでポケットに歯肉が入り込むのを防ぎ、歯を支える機能を持つ歯周組織が再生されるのです。

エムドゲイン法

エムドゲイン法は、歯周組織を失った部分に特殊なたんぱく質を含む「エムドゲインゲル」という素材を塗って、歯周組織を再生させる治療法です。こちらもGTR法と同様に歯肉を切開して行います。

専門だからこそできる治療

先述したGTR法やエムドゲイン法は歯周病における先進的な治療で、歯科医師の技術が問われます。当院院長はこれらの手術が必要な症例も数多く経験しております。

歯周病関連の費用

※費用は全て税抜きです。

口腔内検査

細菌検査(歯周病関連細菌/PCR-インベーダー法/6菌種まで) ¥25,000
細菌検査(歯周病関連細菌/インベーダー法/5菌種まで) ¥15,000
1.A.actinomycetemcomitans
2.P.gingivalis
3.P.intermedia
4.T.forsythensis(B.forsythus)
5.T.denticola
6.F.nucleatum
 
細菌検査(歯周病関連細菌:1菌種/齲蝕関連細菌:1菌種) ¥5,000

口腔内清掃

クリーニング(30min) PMTC ¥5,000
クリーニング(60min) PMTC ¥8,000
ハンディージェット ¥4,000

歯周外科手術

歯周組織再生療法手術(GTR法、EMD法)(1歯)+材料費用(メンブレン,エムドゲイン) ¥30,000
歯牙移植法、再植法 ¥50,000
歯肉形成外科手術 ¥70,000
自家骨移植手術 ¥50,000
人工骨移植手術 ¥50,000

特定非営利活動法人 日本歯周病学会

Dcotors File

2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました

TEL 048-929-0034 メールでのお問い合わせはこちら